DOUBLE3とはとは

遠隔操作で自由自在に動き回って現場の様子を観察し、その場にいる人と会話を楽しめる分身ロボット。オフィスにDoubleがあれば、会議の予定を立てずとも、誰とでも自由にコミュニケーションすることができます。Doubleの電源を常に入れておけば、必要な場所へ自由に連れて行ってくれます。

Double Roboticsは、自動運転機能と新しい複合現実のドライバーのインターフェース追加により、リモートワーカーや遠隔学習者の生産性を向上させる最新のロボットであるDouble 3を発表しました。

新しいDoubleハードウェアはiPadのヘッドを取り除き、Nvidia Jetson TX2の最新GPU技術より、2つのIntel RealSense深度センサー、2つの高解像度カメラ、およびビームフォーミングマイクアレイを搭載した完全に統合されたソリューションに置き換えます。

新しいハードウェアは、新しいクリックツードライブインターフェイス、障害物回避、PTZ機能搭載ビデオと組み合わされ、完全な没入型のリモートエクスペリエンスをベテランユーザーだけでなく初心者にも提供します。 Double Roboticsの共同設立者兼CEOであるDavid Cann氏は、次のように述べています。

「Double 3は、オフィスや学校向けのテクノロジーの飛躍的な進化をイメージしていただけるだけでなく、お客様から頂戴した今までの要望を組み込み、シームレスでエレガントなソリューションを提供します。」

自動運転

Double 3は一連の3Dセンサーを使用して、周りの環境、安全に運転できる場所、障害物を迂回して目的地に到達する方法を把握します。

障害物回避とは、完全に訓練されていないドライバーが壁や人にぶつかることを恐れる必要なくDouble 3を運転できることを意味します。

クリックツードライブ
インターフェイス

Double3が安全に走行できる床に点が描かれています。ドライバーは床のどこでもクリックでき、ロボットはそこに行き、途中にある障害物を避けます。

複合現実ビデオ

複合現実はARに似ていますが、仮想3Dオブジェクトがビデオストリームに追加され、実際の世界に配置されているように見えます。

Doubleが何を見ているのか理解するのに役立ち、Charging Dockなどの重要なウェイポイントと関心のあるオブジェクトを強調して表示します。

統合PTZ(パン/チルト/ズーム)
機能カメラ

2台の13メガピクセルカメラは、非常に広い視野と複数レベルのズームができます。カメラは物理的に上下に傾けることができます。机上の新聞紙を読んだり、特定のポイントにズームインしたりするのに役立ちます。

Double 3は完全に統合されたハードウェアであり、前世代のDoubleシリーズのようにiPadを必要としなくなりました。他にも新機能として、ドライバーが遠くから人の声を拾うのに役立つ6つのマイクの配列、およびユーザーが交換可能な5色のシリコンゴムトリムピースが含まれます。デベロッパーAPIを使用して、カスタムアプリケーションをDouble用に作成できます。

事例 – WeWork社

事例 – LinkedIn社

事例 – ウェストフロリダ大学

事例 – モンタナ大学


  お問い合わせ内容  *
  会社名
  お名前  *
  フリガナ  *
  メールアドレス  *
  確認の為もう一度  *
  電話番号  *
  ご用件  *
  送信確認  *
プライバシーポリシーに同意する

Copyright © 2019 HAMALABO Co., LTD. All Rights Reserved.